餃子のレシピ

私の餃子レシピは家族の反応を見ながら作り上げたものなので、万人受けするものではないかもしれないけど、自己満足のために公開します。

材料
餃子の皮: 大判薄め40枚、普通サイズのお得用50枚(子どもが手伝いたいと言った時用と具の余り調整用)
キャベツ: 3/4玉
ニラ: 1束
ニンニク: 3片くらい
しょうが: 2立方センチくらい
豚ひき肉: 150〜200gくらい
ごま油: 大さじ1くらい
塩: 適当(全くないと物足りないし、多すぎると味が分からなくなります)
片栗粉: 適当(気分によって入れたり入れなかったり)
その他: オイスターソースとかあれば入れる時もあり

作り方
材料を切って混ぜます。キャベツのみじん切りはできるだけ大きく切った方がキャベツの苦味が出ないのでおすすめです。サクサクした食感も我が家では好評。手で混ぜるのはなんとなく苦手なのでシリコンヘラ使ってます。粘りが出るまで混ぜたりしてません。
混ぜたら具を寝かせることはせずにさっさと皮に包みます。早く料理して食べたいからです。子どもが横でシュウマイのような春巻きのような餃子を包んでいる横で80個の餃子をせっせと包みます。(残り10個は子どもの遊びで消費)
餃子の具を買ってきた皮の枚数でピッタリ包むには具をブロックに分割しておいてそのブロックの消費と皮の残量を見ながら作業するといいです。最近私はそのようなことをせずとも皮の枚数ピッタリで包むことができる境地に達しました。
包み終わったら、強火で熱したフライパンに並べてちょっとだけ煙が出るまで待ちます。テフロン鍋なら油は不要。煙を確認したらすぐに水を入れて蓋をします。30cmのフライパンで60ccとしています。
すぐに弱火にして5分蒸らせば完成です。

ポン酢と柚子胡椒をつけるとご飯が進みます。

20110720-090833.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  • English (United States)
  • 日本語